Copyright (c) ライブチャット一覧 All Rights Reserved.

ライブチャット

ライブチャットの一覧ホームページです、こちらので紹介しているライブチャットサイトは人気もあり安心して遊ぶことができるライブチャットサイトの一覧です!会員登録で無料ポイントをもらえるサイトも多くありますので、ちょっとお試しに遊んでみることも可能です。


ライブチャットとは、パソコンとWebカメラを使用し、インターネットを通して、互いの、もしくは一方からの映像を見ながらチャットを行うビデオチャットのうち、男女のコミュニケーションを主たる目的としたサービスのこと。アダルト系とノンアダルト系に分かれ、アダルト系は、脱衣などの性的な映像配信が主で、ノンアダルト系はトークによるコミュニケーションが主となります。
たくさんのサイトから、たくさんの女の子の中からご自分の好みな女の子を見つけてチャットができる楽しめる!

DXLIVE

アメリカの運営会社が運営しているデラックスライブ!
ライブチャット業界最大のDXライブチャットは、新機能マルチ画面『オンライン』で大人気。無料で学生、主婦、素人、熟女、外人等約22045人のチャットガールとアダルトな出会いのチャンス。24時間多機能ビデオチャットが楽しめます。

料金
50ドル →37ポイント 初回ボーナスポイント12ポイント
100ドル→63ポイント 初回ボーナスポイント13ポイント

チャット1分→1.2ポイント消費します
のぞき1分 →1.2ポイント消費します

新規登録で3000円分のお試しポイント付き!

DXLIVEのキャンペーン情報です!
キャンペーンキャンペーンページ

DXLIVEの女の子のラインキングです!
ランキング日間ランキング 赤丸急上昇の女の子

エンジェルライブ

アダルトライブチャットならエンジェルライブ!皆様に愛され続けて運営実績13年突破!スマートフォンアプリにも対応し、いつでも女の子にエッチなリクエストができます!無料画像やエッチなムービーもございます。今なら無料で体験し放題。お勧めです!

ジュエル

オナニーするならアダルトライブチャット ジュエル。映像と音声でエッチなリクエストができる業界最安値のマルチチャット(双方向)を搭載。今なら無料でライブチャット体験し放題♪お話好きでオナニー好きな女の子が在籍する日本最大級のライブチャットです。

チャットピア

人妻熟女専門ライブチャットチャットピアは24時間人妻の生の声が楽しめる業界最大の登録人数26400人のライブチャットサイトです。アダルトライブチャットと通してエロい女性との出会いが待っています。無料会員登録で2000円分の無料ポイントをプレゼント!欲求不満な人妻達があなたを待っている!!

ライブチャットTV

ライブチャットTV

新しいサイトで個性的な番組が多いのが特徴です!無料視聴が可能で誰も放送することができるので ご自分で番組を作って稼ぐことも可能です!!

FC2ライブ

FC2ライブ

圧倒的な視聴者数、放送人数、いまやナンバーワンと言っても過言ではないライブチャットサイト!
一般の方の個人放送番組が視聴できます!個性的な番組が多く一見の価値あり!!

マダムライブ

ライブチャットマダムライブは新妻、若妻を中心にどこよりも早く選りすぐりの熟女、人妻と出会える日本最大級のライブチャットサイトでスマートフォンにも対応しています。まずは無料体験で背徳感あふれる人妻、熟女とのライブチャットを双方向でお楽しみ下さい。

ライブでゴーゴー

業界初!女性ブログを兼ね備えているのは、ライブでゴーゴーだけ!累計30000名以上の美女達のプライベートな情報を駆使しライブチャットを24時間リアルタイムでお楽しみください。

SakuraLive

Sakura Liveには可愛い女の子達が常時オンラインで待機しているので24時間いつでもアクセス可能!海外のライブチャットサイトです。

DMMライブチャット

AV女優イベント(上原亜衣)

素人からアイドル・AV女優まであらゆるジャンルの女の子が多数在籍する日本最大級の総合ライブチャット♪初回の方には無料体験キャンペーン実施中で安全・安心・大満足のライブチャットサイトです!

メンズガーデン

イケメンボーイズが大集合!ボーイズライブチャットならmen's garden!初回10分間無料!

入会費、維持費、退会費用は一切無料
1ポイント10円(税抜)
通常チャット 1分6ポイント消費
2ショット1分 1分12ポイント消費
覗き入室 1分6ポイント消費
秘話機能有 1コメント4ポイント消費
チップ機能有
メール送受信 送信1Pt
※500ポイント以上保有で無料

メンズガーデンは約4,000名の出演者が在籍する国内最大のメンズ系ライブチャット番組。
ライブチャットだけでなく、イケメンダイアリー(日記)や無料PR動画等ライブチャット以外でも楽しめるサイトです。 サポートも充実。16時間以内メール返信をお約束し、初めての方でも安心してご利用いただけます。

ギャルズアパートメント

ギャルズアパートメント

PC・スマートフォン対応!家賃をタダにするという条件で素人ギャル達のお部屋にライブカメラを設置しています♪ カメラは複数台あり、ユーザー側で視点の切り替えが可能です!

ライブチャットその他

あなたが来るのを待っているチャットガール!



ライブチャットと自宅にいながらインターネットを通じて女の子とチャットやできたり、会話ができたりと双方向性もあり、アダルトエロありと楽しみ方無限大!


チャット (chat) とは、インターネットを含むコンピュータネットワーク上のデータ通信回線を利用したリアルタイムコミュニケーションのこと。chatは英語での雑談のことであり、ネットワーク上のチャットも雑談同様に会話を楽しむための手段。ICQはチャットルームで多数の人がチャットするのとは違い、個人同士でチャットが出来るツールである。ICQと同じようなツールはその後数種類現れ、メッセンジャーとも呼ばれている。かつてはリアルタイムで参加者が文字入力を通して行うコミュニケーションがチャットと同義であったが、ブロードバンドが普及したことにより文字だけではなくさまざまな情報を送れるようになったので、チャットの種類も増えている傾向にある。チャットと呼ばれる物はいくらか種類がある。それぞれの違いはコミュニケーションの手段に何を使うかである。


私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(しじせいてきがぞうきろくのていきょうとうによるひがいのぼうしにかんするほうりつ)は、日本の法律。リベンジポルノ被害防止法、リベンジポルノ対策法などと通称・略称される。
(目的)
第一条 この法律は、私事性的画像記録の提供等により私生活の平穏を侵害する行為を処罰するとともに、私事性的画像記録に係る情報の流通によって名誉又は私生活の平穏の侵害があった場合における特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律 の特例及び当該提供等による被害者に対する支援体制の整備等について定めることにより、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを目的とする。
(定義)
第二条 この法律において私事性的画像記録とは、次の各号のいずれかに掲げる人の姿態が撮影された画像(撮影の対象とされた者(以下撮影対象者という。)において、撮影をした者、撮影対象者及び撮影対象者から提供を受けた者以外の者(次条第一項において第三者という。)が閲覧することを認識した上で、任意に撮影を承諾し又は撮影をしたものを除く。次項において同じ。)に係る電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。同項において同じ。)その他の記録をいう。
一 性交又は性交類似行為に係る人の姿態
二 他人が人の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下この号及び次号において同じ。)を触る行為又は人が他人の性器等を触る行為に係る人の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
三 衣服の全部又は一部を着けない人の姿態であって、殊更に人の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの
2 この法律において私事性的画像記録物とは、写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物であって、前項各号のいずれかに掲げる人の姿態が撮影された画像を記録したものをいう。
(私事性的画像記録提供等)
第三条 第三者が撮影対象者を特定することができる方法で、電気通信回線を通じて私事性的画像記録を不特定又は多数の者に提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 前項の方法で、私事性的画像記録物を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者も、同項と同様とする。
3 前二項の行為をさせる目的で、電気通信回線を通じて私事性的画像記録を提供し、又は私事性的画像記録物を提供した者は、一年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
4 前三項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
5 第一項から第三項までの罪は、刑法 第三条の例に従う。
(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律の特例)
第四条  特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第三条第二項及び第三条の二第一号の場合のほか、特定電気通信役務提供者(同法第二条第三号に規定する特定電気通信役務提供者をいう。以下この条において同じ。)は、特定電気通信(同条第一号に規定する特定電気通信をいう。以下この条において同じ。)による情報の送信を防止する措置を講じた場合において、当該措置により送信を防止された情報の発信者(同条第四号に規定する発信者をいう。以下この条において同じ。)に生じた損害については、当該措置が当該情報の不特定の者に対する送信を防止するために必要な限度において行われたものである場合であって、次の各号のいずれにも該当するときは、賠償の責めに任じない。
一 特定電気通信による情報であって私事性的画像記録に係るものの流通によって自己の名誉又は私生活の平穏(以下この号において名誉等という。)を侵害されたとする者(撮影対象者(当該撮影対象者が死亡している場合にあっては、その配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹)に限る。)から、当該名誉等を侵害したとする情報(以下この号及び次号において私事性的画像侵害情報という。)、名誉等が侵害された旨、名誉等が侵害されたとする理由及び当該私事性的画像侵害情報が私事性的画像記録に係るものである旨(次号において私事性的画像侵害情報等という。)を示して当該特定電気通信役務提供者に対し私事性的画像侵害情報の送信を防止する措置(以下「私事性的画像侵害情報送信防止措置」という。)を講ずるよう申出があったとき。
二 当該特定電気通信役務提供者が、当該私事性的画像侵害情報の発信者に対し当該私事性的画像侵害情報等を示して当該私事性的画像侵害情報送信防止措置を講ずることに同意するかどうかを照会したとき。 三 当該発信者が当該照会を受けた日から二日を経過しても当該発信者から当該私事性的画像侵害情報送信防止措置を講ずることに同意しない旨の申出がなかったとき。
(支援体制の整備等)
第五条 国及び地方公共団体は、私事性的画像記録の提供等による被害者の適切かつ迅速な保護及びその負担の軽減に資するよう、被害者が当該提供等に係る犯罪事実の届出を行いやすくするために必要な捜査機関における体制の充実、私事性的画像侵害情報送信防止措置の申出を行う場合の申出先、申出方法等についての周知を図るための広報活動等の充実、被害者に関する各般の問題について一元的にその相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他必要な措置を講ずるものとする。
(被害の発生を未然に防止するための教育及び啓発)
第六条 国及び地方公共団体は、私事性的画像記録等が拡散した場合においてはその被害の回復を図ることが著しく困難となることに鑑み、学校をはじめ、地域、家庭、職域その他の様々な場を通じて、自己に係る私事性的画像記録等に係る姿態の撮影をさせないこと、自ら記録した自己に係る私事性的画像記録等を他人に提供しないこと、これらの撮影、提供等の要求をしないこと等私事性的画像記録の提供等による被害の発生を未然に防止するために必要な事項に関する国民の十分な理解と関心を深めるために必要な教育活動及び啓発活動の充実を図るものとする。
ストーカー行為等の規制等に関する法律
目的)
第一条 この法律は、ストーカー行為を処罰する等ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的とする。
(定義)
第二条 この法律においてつきまとい等とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下住居等という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
八 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、その性的羞恥心を害する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下この号において同じ。)に係る記録媒体その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し若しくはその知り得る状態に置くこと。
2 前項第五号の電子メールの送信等とは、次の各号のいずれかに掲げる行為(電話をかけること及びファクシミリ装置を用いて送信することを除く。)をいう。
一 電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信(電気通信事業法 (昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号 に規定する電気通信をいう。次号において同じ。)の送信を行うこと。
二 前号に掲げるもののほか、特定の個人がその入力する情報を電気通信を利用して第三者に閲覧させることに付随して、その第三者が当該個人に対し情報を伝達することができる機能が提供されるものの当該機能を利用する行為をすること。
3 この法律においてストーカー行為とは、同一の者に対し、つきまとい等(第一項第一号から第四号まで及び第五号(電子メールの送信等に係る部分に限る。)に掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してすることをいう。
(つきまとい等をして不安を覚えさせることの禁止)
第三条 何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならない。
(警告)
第四条 警視総監若しくは道府県警察本部長又は警察署長(以下警察本部長等という。)は、つきまとい等をされたとして当該つきまとい等に係る警告を求める旨の申出を受けた場合において、当該申出に係る前条の規定に違反する行為があり、かつ、当該行為をした者が更に反復して当該行為をするおそれがあると認めるときは、当該行為をした者に対し、国家公安委員会規則で定めるところにより、更に反復して当該行為をしてはならない旨を警告することができる。 2 一の警察本部長等が前項の規定による警告(以下「警告」という。)をした場合には、他の警察本部長等は、当該警告を受けた者に対し、当該警告に係る前条の規定に違反する行為について警告又は第六条第一項の規定による命令をすることができない。
3 警察本部長等は、警告をしたときは、速やかに、当該警告の内容及び日時を第一項の申出をした者に通知しなければならない。
4 警察本部長等は、警告をしなかったときは、速やかに、その旨及びその理由を第一項の申出をした者に書面により通知しなければならない。
5 警察本部長等は、警告をしたときは、速やかに、当該警告の内容及び日時その他当該警告に関する事項で国家公安委員会規則で定めるものを都道府県公安委員会(以下公安委員会という。)に報告しなければならない。 6 前各項に定めるもののほか、第一項の申出の受理及び警告の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。
(禁止命令等)
第五条 公安委員会は、警告を受けた者が当該警告に従わずに当該警告に係る第三条の規定に違反する行為をした場合において、当該行為をした者が更に反復して当該行為をするおそれがあると認めるときは、当該警告に係る前条第一項の申出をした者の申出により、又は職権で、当該行為をした者に対し、国家公安委員会規則で定めるところにより、次に掲げる事項を命ずることができる。
一 更に反復して当該行為をしてはならないこと。
二 更に反復して当該行為が行われることを防止するために必要な事項
2 公安委員会は、前項の規定による命令(以下禁止命令等という。)をしようとするときは、行政手続法 第十三条第一項 の規定による意見陳述のための手続の区分にかかわらず、聴聞を行わなければならない。
3 一の公安委員会が禁止命令等をした場合には、他の公安委員会は、当該禁止命令等を受けた者に対し、当該禁止命令等に係る第三条の規定に違反する行為について禁止命令等をすることができない。
4 公安委員会は、第一項の申出を受けた場合において、禁止命令等をしたときは、速やかに、当該禁止命令等の内容及び日時を当該申出をした者に通知しなければならない。
5 公安委員会は、第一項の申出を受けた場合において、禁止命令等をしなかったときは、速やかに、その旨及びその理由を当該申出をした者に書面により通知しなければならない。
6 前各項に定めるもののほか、禁止命令等の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。
(被害の発生を未然に防止するための教育及び啓発)
第六条 国及び地方公共団体は、私事性的画像記録等が拡散した場合においてはその被害の回復を図ることが著しく困難となることに鑑み、学校をはじめ、地域、家庭、職域その他の様々な場を通じて、自己に係る私事性的画像記録等に係る姿態の撮影をさせないこと、自ら記録した自己に係る私事性的画像記録等を他人に提供しないこと、これらの撮影、提供等の要求をしないこと等私事性的画像記録の提供等による被害の発生を未然に防止するために必要な事項に関する国民の十分な理解と関心を深めるために必要な教育活動及び啓発活動の充実を図るものとする。

ライブチャット一覧次へ