Copyright (c) ライブチャット一覧 All Rights Reserved.

電子書籍

電子書籍(でんししょせき)とは、紙とインクを利用した印刷物ではなく、電磁的に記録された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいう。そのため目次、ページ送り、奥付など書籍としての体裁を整えたものが多い。再生には電子機器のディスプレイのほか、スピーカーが必要な場合もある。

俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!

俺得修学旅行 男は女装した俺だけ

姉の同級生と旅先でHな思い出作り!女子校生に囲まれて、オイシイ展開の連続に期待と股間が膨らむっ!!風邪を引いた姉の身代わりとして、「女装」で女子校の修学旅行に行くことになった弟・伊賀勇太。その事を知っているのは姉の親友・篠原佳織だけ☆夜遅くに人目を避けて、勇太が旅館の温泉に行くと…美形ギャルの夏目ルナと遭遇!!脱衣所でルナのエロエロボディを目撃し、勇太のムスコが元気に…!!?ソレに気付いたルナは!!!
(DMM.R18より)

いもうと疼き

いもうと疼き

寂しい生活を送る黒井が同僚に連れられ、お触りOKの「セクシーキャバクラ」にやってくる。ワクワクしながら指名した女の子を待っていると…なんと妹・あかりがバニーガール姿で現れた!妹が「セクキャバ」でバイトしていることに激怒する兄をあかりはHな愛撫でなだめ始める。始めは抵抗するもののあかりの巨大な生チチに興奮を抑えられない黒井!そしてついに兄妹の一線を超える…!?小悪魔なしたたかさを持つ妹と理性と欲望の間で葛藤しまくり、アソコを勃てまくる兄の性活はハラハラドキドキの連続!黒井の欲望が爆発寸前を迎えたとき、理性は崩壊しあかりの豊満な肉体は揉みしだかれる!果たして、見事貫通なるのか…!?
(DMM.R18より)

ネトラセラレ

ネトラセラレ

結婚二年目の伊澄秀次郎と春花は、羨むような理想的は夫婦生活を送っていた。二人は幸せそうに見え、確かに愛し合っていた。だがある日、秀次郎は溜め込んでいた真っ黒な欲望を春花に向かって吐き出す。「他の男と寝てほしいんだ――」寝取られる妻にしか興奮しない人間は変態なんだろうか?歪んだ夫婦愛が暴走していく泥沼化必至の不道徳NTR(ネトラレ)ドラマ第1巻!!
(DMM.R18より)

YOUR DOG

YOUR DOG

「…名前、言ってくれる?」「アユ、です…」ビデオカメラに向かって、たどたどしく自己紹介をする少女。彼女とはあくまで仕事としての関係だが、正直 彼女はこの仕事に向いているとは思えないし、そんな女の子が、金のために男に抱かれようとすることが俺には全く理解できない……──少女の悩み、男の葛藤──2人の心の動きを繊細な描写で描き、RIN本誌でも高い支持を得たドマチックラブストーリー、待望の単行本化!
(DMM.R18より)

ろりとぼくらの。

ろりとぼくらの。

同じ大学に通う赤井と山崎はごく普通の、どこにでもいるようなロリコンとして怠惰な生活を送っていた。しかしふとしたきっかけでロ●ータへの妄想がイタズラの行動へとエスカレートし、いつしか後戻りのできないロリレイプ行脚二人旅へと突き進んでいくのであった…。(ろりともだちより)
(DMM.R18より)

ライブチャットその他

無線機器型式検定規則
第一章 総則
(規定事項)
第一条 この規則は、法第三十七条の規定によりその型式につき総務大臣の行う検定に合格することを要する無線設備の機器の型式検定の合格の条件、申請手続等に関して定める。
第二章 型式検定の合格の条件
(検定の合格の条件)
第二条 前条に規定する機器の型式検定(以下検定という。)の合格の条件は、別表第一号及び別表第二号に定めるもののほか、別に告示で定めるとおりとする。
(軽微な事項の変更)
第三条 検定に合格した機器(以下合格機器という。)に関し別表第三号に掲げる事項につき同表に定める条件に従つてする変更は、検定の合格の効力に影響を及ぼさないものとする。
2 前項に規定するもののほか、合格機器に関し無線局の免許人がする施行規則第十条に規定する軽微な事項の変更は、検定の合格の効力に影響を及ぼさないものとする。
第三章 型式検定の手続等
(検定の申請)
第四条 検定の申請は、検定を受けようとする機器(以下受検機器という。)の製造者(製造事業者その他当該機器を製造した者をいう(当該機器が輸入されたものであるときは、輸入業者又は改修者を含む。)以下同じ。)が別表第四号に定める様式の申請書に、取扱説明書及び検査成績書(製造者自身の検査に基づく成績書をいう。以下同じ。)各一通並びに受検機器一台を添えて、総務大臣に提出するものとする。ただし、受検機器(航空機に施設する無線設備の機器を除く。)について、法別表第一に規定する要件を備える者(第三級総合無線通信士、第四級海上無線通信士、航空無線通信士、陸上特殊無線技士若しくは第一級アマチュア無線技士の資格又は外国政府が発給した無線通信規則第三十七条に基づく無線電話通信士一般証明書のみを有する者を除く。)が法第二十四条の二第四項第二号の較こう正を受けた測定器等を使用して別に告示するところに従つて行う試験を受けているものであり、当該試験の結果を記載した別表第五号に定める様式の試験結果通知書を提出する場合にあつては、検査成績書及び受検機器の提出を要しないものとする。
2 前項の申請書及び取扱説明書には、これらの写し各一通を添えなければならない。
3 第一項の取扱説明書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
一 機器の構成
二 規格
三 機器の操作方法
四 機器の保守方法
五 総合系統図
六 部品の配置を示す図又は写真
七 外観を示す図又は写真(寸法を記入するものとする。)
4 申請者は、総務大臣が検定のため必要と認めて第一項及び第二項に規定するもの以外の書類又は図面の提出を求めたときは、これを提出しなければならない。
(記載の省略)
第五条 前条の取扱説明書及び検査成績書の記載事項のうち次の各号に定める部分については、その旨を記載して、その全部又は一部の記載を省略することができる。
一 機種を同じくし、かつ、機器の構成の大部分が共通な二以上の型式の機器の検定を同時に申請する場合において、一の型式のものに係る記載事項と同一の部分
二 合格機器と機種を同じくし、かつ、構成の大部分が共通な異なる型式の機器の検定を申請する場合において、合格機器に係る記載事項と同一の部分
三 検定の合格の条件の改正により、検定の合格の効力を失い、又は失うこととなる機器につき、改正後の条件に適合させて当該型式の機器の検定の申請をする場合において、検定の合格の効力を失い、又は失うこととなる機器に係る記載事項と同一の部分
(検定の方法)
第六条 総務大臣は、第四条の申請を受理したときは、第二条に定めるところにより、試験によつて当該申請に係る機器の検定を行う。ただし、前条の規定により取扱説明書又は検査成績書の記載が省略されたものについては、試験の一部を省略して検定を行うことがあるものとする。
2 総務大臣は、前項本文の試験を国立研究開発法人情報通信研究機構又は総務大臣が別に定める基準に適合すると認める者に委託することができる。
3 前項の規定により試験を行つた者は、速やかに当該試験の結果を総務大臣に報告しなければならない。
4 申請者は、第一項及び第二項の試験に立ち会うことができる。
(検定の期限)
第七条 検定は、試験機器の故障等特別の事由がない限り、第四条の申請を受理した日から三月(同条第一項ただし書に係る申請にあつては、一月)以内に行う。
(検定合格の場合)
第八条 総務大臣は、第六条第一項本文の試験の結果、当該申請に係る機器が検定の合格の条件に適合すると認めたときは、これを型式検定合格とし、別表第六号に定める様式の無線機器型式検定合格証書(以下合格証書という。)を申請者に交付するとともに、次に掲げる事項を告示する。
一 型式検定合格の判定を受けた者(以下合格者という。)の氏名又は名称
二 機器の名称
三 機器の型式名
四 検定番号
五 型式検定合格の年月日
六 その他必要な事項
2 前項の場合において、機器の型式名は、別表第七号に定める指定項目を別表第八号に定める記号により連記して表示するものとする。
(検定不合格の場合)
第九条 総務大臣は、第六条第一項本文の試験の結果、当該申請に係る機器が検定の合格の条件に適合しないと認めたときは、これを型式検定不合格とし、その旨を理由を付した文書をもつて申請者に通知する。
(機器の引取り)
第十条 申請者は、合格証書の交付を受けたとき又は前条の規定による不合格の通知を受けたときは、速やかに当該申請に係る機器を引き取らなければならない。
(変更等の届出)
第十一条 合格者は、合格機器につき別表第三号に掲げる事項の変更をしようとするとき又はこれらの事項(合格者の氏名又は名称及び合格機器の名称を除く。)につき変更を加えた機器により同一型式の機器の種類の増加をしようとするときは、同表の定めるところにより添付を要する書類又は図面を添え、別表第九号に定める様式の届書により、あらかじめ総務大臣にその旨を届け出なければならない。この場合、当該変更又は種類の増加に適合するよう取扱説明書の書換え又は訂正をして、あわせてこれを提出しなければならない。
2 合格者は、前項の届出により合格証書の書換え又は訂正を要することとなるときは、これを総務大臣に提出して、書換え又は訂正を受けなければならない。
3 第四条第二項の規定は、第一項の場合に準用する。
4 総務大臣は、第一項の届書を受理した場合において、当該変更が第八条第一項第一号又は第二号に掲げる事項の変更であるときは、その旨を告示する。
(合格の取消し)
第十二条 総務大臣は、合格機器として用いられる機器の多くが検定の合格の条件に適合しないため、型式検定合格の効果を維持することができないと認めるときは、その合格を取り消す。
2 前項の規定により合格を取り消したときは、合格者であつた者に対し、その旨を理由を付した文書をもつて通知するとともに、告示する。
3 第一項の規定による取消しの効力は、告示で定める日以前において施設された機器には及ばないものとする。
(合格証書の返戻れい)
第十三条 前条第二項の取消しの通知を受けたとき又は検定の合格の条件の改正により当該機器について検定の合格の効力を失つたときは、合格者であつた者は、すみやかに合格証書を総務大臣に返さなければならない。
(取扱説明書)
第十四条 合格機器には、第四条の取扱説明書(第十一条第一項後段の規定による書換え又は訂正を行つた場合においては、当該書換え又は訂正を行つたもの)と同一内容の取扱説明書を添付しなければならない。
(マーク及び標章)
第十五条 合格機器には、別表第十号に定めるマーク及び次に掲げる事項を記載した標章を付さなければならない。
一 合格者の氏名又は名称
二 機器の名称
三 機器の型式名
四 検定番号及び型式検定合格の年月日
五 当該機器の製造年月
六 その他合格者が必要とする事項
(船舶に施設する救命用の無線設備の機器の特例)
第十六条 法第三十七条第三号に規定する船舶に施設する救命用の無線設備の機器に係る合格者は、合格機器として用いられる機器について試験を行い、その結果を記載した書面を作成し、これを保管するものとする。
2 総務大臣は、必要があると認めるときは、合格者に対し、前項の書面の提出を求めることができる。


特定無線局の開設の根本的基準
電波法 第二十七条の四の規定に基づき、特定無線局の開設の根本的基準を次のように定める。
(目的)
第一条 この規則は、包括免許に係る特定無線局の開設の根本的基準を定めることを目的とする。
(電気通信業務を行う特定無線局)
第二条 包括免許に係る二以上の特定無線局であって、電気通信業務を行うことを目的として開設するものは、次の各号の条件を満たすものでなければならない。
一 それらの局を開設することによって提供しようとする電気通信役務が、利用者の需要に適合するものであること。
二 包括免許を受けようとする者は、それらの局の運用(特定無線局にあっては、それらの局の最大運用数による運用)による電気通信事業の実施について適切な計画を有し、かつ、当該計画を確実に実施するに足りる能力を有するものであること。
三 それらの局を開設する目的を達成するためには、それらの局を開設することが他の各種の電気通信手段を使用する場合に比較して能率的かつ経済的であること。
四 それらの局が法第二十七条の十二第一項に規定する特定基地局であるときは、当該特定基地局の開設指針の規定に基づくものであること。
五 その他それらの局を開設することが電気通信事業の健全な発達と円滑な運営とに寄与すること。
(その他の特定無線局)
第三条 包括免許に係る二以上の特定無線局であって、前条に規定する特定無線局以外のものは、次の各号の条件を満たすものでなければならない。
一 それらの局は、包括免許人以外の者の使用に供するものでないこと。
二 それらの局を開設する目的及び通信の相手方の選定が法令に違反せず、かつ、公共の福祉を害しないものであること。
三 それらの局を運用することがそれらの局を使用する事業又は業務の遂行のために必要であって、かつ、それにより公共の福祉を増進することができること。
四 それらの局を開設する目的及び通信の相手方は、それらの局を使用する事業又は業務の遂行上必要であって、最小限のものであること。
五 包括免許を受けようとする者は、それらの局の最大運用数による運用について適切な計画を有し、かつ、当該計画を確実に実施するに足りる能力を有するものであること。
六 それらの局を開設する目的を達成するためには、それらの局を開設することが電気通信業務用電気通信施設を利用する場合に比較して能率的かつ経済的であること。
七 それらの局を開設する目的を達成するためには、それらの局を開設することが他の各種の電気通信手段を使用する場合に比較して能率的かつ経済的であること。


特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則
一章 総則
(目的)
第一条 この規則は、別に定めるものを除くほか、特定無線設備の技術基準適合証明等に関し、法の委任に基づく事項及び法の規定を施行するために必要とする事項を定めることを目的とする。
(特定無線設備等)
第二条 法第三十八条の二の二第一項の特定無線設備は、次のとおりとする。
一の九 設備規則第四章においてその無線設備の条件が定められている単側波帯の電波を使用する単一通信路の陸上移動局又は携帯局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が五〇ワット以下のもの
一の十 設備規則第四章においてその無線設備の条件が定められているF一B電波、F一C電波、F一D電波、F一E電波、F一F電波、F一N電波、F一X電波、G一B電波、G一C電波、G一D電波、G一E電波、G一F電波、G一N電波又はG一X電波を使用する単一通信路の陸上移動局又は携帯局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が五〇ワット以下のもの(第一号の四、第二十五号の四、第二十五号の五及び第七十二号に掲げるものを除く。)
一の十一 設備規則第四章においてその無線設備の条件が定められているF二A電波、F二B電波、F二C電波、F二D電波、F二N電波、F二X電波又はF三E電波を使用する単一通信路の陸上移動局又は携帯局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が五〇ワット以下のもの
一の十二 設備規則第四十九条の十六においてその無線設備の条件が定められている特定ラジオマイクの陸上移動局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が〇・〇一ワット以下(一、二四〇MHzを超え一、二六〇MHz以下の周波数の電波を使用するものについては、〇・〇五ワット以下)のもの
一の十二の  設備規則第四十九条の十六の二においてその無線設備の条件が定められているデジタル特定ラジオマイクの陸上移動局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が〇・〇五ワット以下のもの
一の十三 A二D電波又はA三E電波二六・一MHzを超え二八MHz以下、二九・七MHzを超え四一MHz以下又は一四六MHzを超え一六二・〇三七五MHz以下の周波数の電波を使用する海上移動業務の無線局に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が五〇ワット以下のもの
一の十四 単側波帯の電波を使用する無線局(施行規則第十五条に規定する電波の型式を使用することとなる無線局に限る。)に使用するための無線設備であつて、その空中線電力が五〇ワット以下のもの(第一号の九に掲げるものを除く。)

ライブチャット一覧次へ