Copyright (c) ライブチャット一覧 All Rights Reserved.


ライブチャット一覧を Google Bookmarks に追加


出会いサイト

出会いサイト



出会いサイト
出会いサイト、出会えるサイトの紹介をしています




出会いサイトページ

用語

2010年以降になると、造語である巨乳という語への置き換えが進み、2015年になると、俗語としてのボインは事実上の死語となった。2017年現在、俗語としてのボインを用いるのは、1960年代を知る中高年層以上の一部の者である。アイドル界においては長らく豊満な胸をタブー視していたが、1970年代後期に榊原郁恵が健康的なお色気という形でアイドル性との両立を果たし、その後のいわゆる巨乳アイドル(巨乳タレント)の先駆けとなった。



「巨乳」という言葉は、1985年6月に日本で劇場公開されたアメリカの成人映画Raw Talent(1984年製作、監督ラリー・レヴィーン)の邦題マシュマロ・ウェーブ/巨乳に使われたのが一般に向けての最初の使用例であると見られる。1985年12月には、ラス・メイヤー監督作のBeneath The Valley of The Ultra-Vixens(1979年製作)がウルトラ・ビクセン/大巨乳たちの邦題で公開された(後にウルトラ・ヴィクセンに改題)日本においては1980年代後半から巨乳との言葉が用いられだした。当時、豊満なバストを持つ女優やAV女優に対してDカップ、Eカップ、Fカップといったバストサイズによる表現が好んで用いられた。日本製作の映像作品のタイトルにおける初期の使用例としては、1986年4月に発売されたアダルトビデオSM巨乳奴隷(STUDIO 418、主演:吉沢まどか)や、1986年8月に成人映画・アダルトビデオとして同時公開された巨乳(新東宝映画、監督細山智明、主演菊池えり)などがある。1987年7月10日付の読売新聞朝刊は、女性解放団体行動する女たちの会が、巨乳などの性的用語が氾濫する夕刊紙をシンポジウムにおいて糾弾したと報じている。



ライブチャット一覧その他





ライブチャット一覧リンクサイト1次へ