Copyright (c) ライブチャット一覧 All Rights Reserved.


ライブチャット一覧を Google Bookmarks に追加


ライブチャットを紹介

ライブチャットを紹介



ライブチャットを紹介
ライブチャットの紹介をしているホームページです




ライブチャットを紹介ページ

用語

女性の豊かな乳房の魅力を発見したのは、古代ギリシア以前と、ネーデルラントの全盛期、そして20世紀の米国である。古代においては豊満な乳房は豊穣のシンボルとして希求された。クレタ文明でも、乳房の豊穣さを強調した女神像が発見されている。古代エジプトでは、ホルスはイシスから授乳を受けている。だが、古代ギリシアでは乳房の豊穣さは必ずしも評価されず、古代ローマでも、巨乳女性が乳房を小さくしようとしていたことが記録されている。その後、ヨーロッパはキリスト教的世界観の下に入り、Cカップくらいが美しい乳房としてもてはやされた。大きな乳房は上流階級の間では評価されなかったとされる。ルネサンスで、上流階級の間でも乳房のエロス的側面が評価されるようになったが、まだ巨乳は評価されていなかった。巨乳の再評価が起きるのはネーデルラントがヨーロッパの覇権を握った時である。




巨乳という言葉が登場するまでは、同様な乳房の大きさを示す言葉としてボイン、デカパイという言葉が使われていた。1960年代前半頃より成人向け雑誌にてその表現が散見されていたが、一般に広く知られるようになったのは、1967年に大橋巨泉がテレビ番組11PMにて、朝丘雪路の乳房の大きさをボインと表現し、転じて朝丘をボインちゃんというあだ名で呼び始めたのがきっかけである。ボインはヒッピーなどと共にその年の流行語となった。また、1969年に月亭可朝が嘆きのボインを発表しヒットしたこともあり、ボインという呼称が定着した。ボインは 1970年代には小島功のヒゲとボインのように漫画のタイトルにもなり、1980年代に入っても人気アニメまいっちんぐマチコ先生でボインタッチの語が使われた。



ライブチャット一覧その他





ライブチャット一覧リンクサイト1次へ